更年期対策に有効なハーブティー

ハーブは料理の香り付けや薬味だけではなく、茶葉として飲用もでき、ヨーロッパ地方では古くから親しまれています。

日本でも最近は人気があり、専門店も多くあって比較的簡単に入手することができる身近なものです。

ハーブは数ある種類の中に、心身をリラックスさせたりホルモンバランスを整える作用があるものがあり、それが女性の更年期対策に有効です。

実際にヨーロッパ地方では昔から更年期障害の症状緩和の為に、積極的に利用されています。

ただし中には、セントジョーンズワート(西洋弟切草)のように作用が強いものもありますので、利用するには注意点を確認するようにして下さい。

 

ここでは更年期対策におススメのハーブを15種類紹介します。

皆さんも参考にして、ハーブティーを是非お試しになってみてはいかがでしょうか。

 

フレッシュハーブとドライハーブについて

herbal-tea-1410563_640
ハーブにはフレッシュハーブとドライハーブがあります。

フレッシュハーブとは、摘んだばかりの新鮮な花弁や葉、茎などの茶葉のことを指します。
自宅で栽培している方が使用することが多く、最近では、スーパーの野菜売り場でも購入することが可能です。

ドライハーブとは、乾燥させた花弁や葉、茎などを用いた茶葉のことを指します。
デパート、ハーブ専門店、最近ではスーパーなどでもよく販売されている茶葉です。

フレッシュハーブとドライハーブの違いは、ドライハーブの薬効がフレッシュハーブのおよそ3倍と言われている点です。

それはドライハーブが水分をギリギリまで搾り取って、薬効成分だけにしているからです。

tea-633112_640
但し、フレッシュハーブとドライハーブでは同じものでも風味が異なります

香りを楽しみたい方はフレッシュハーブがおすすめですが、ご自分で試してみてどちらか好みのものを使用する方が良いでしょう。

まずは、ご自分の症状に合わせて1種類のハーブから始めてみましょう。

ハーブには独特の風味があり、なじめない方もいらっしゃると思います。
その際はハチミツやシロップなどを入れて飲みやすくするとよいでしょう。

またハーブはブレンドして楽しむことができます。

1種類だけでは慣れなくてもブレンドすることにより、好みの風味にすることもできます。

また「更年期障害+不眠症」というように、症状に合わせて該当のハーブをブレンドすることも効果的です。

ハーブに慣れてきたら、いろいろ試すのもいいかもしれませんね。

 

更年期対策におススメのハーブ 15種類!

1)アニス

anis エストロゲン(女性ホルモン)の類似作用があるので更年期のホルモンバランスの調整に有効です。また鎮痛作用もあるので咳や頭痛を鎮めるためにも用いられています。
 
>アニスの詳細ページはこちら

 

2)カモミール

chamomile カモミールには傾眠・鎮静作用があるのでストレスを緩和するのに有効です。気分をリラックスさせてくれますので不眠症にも効果的です。 
 
>カモミールの詳細ページはこちら

 

3)サフラワー(紅花)

benibana
サフラワーは血行促進作用があり冷え性の緩和・改善に効果的なハーブです。
また鎮静作用もあり、更年期のイライラ、不眠症や疲労回復などに効果があります。

>サフラワーの詳細ページはこちら

 

4)セイジ

sage
セイジはエストロゲン(女性ホルモン)の類似作用があるので、更年期障害、PMS(月経前症候)を緩和・改善する効果があります。

>セイジの詳細ページはこちら

 

5)セントジョンズワート

st-johns-wort
セントジョーンズワートには抗うつ作用があり、更年期や生理時のうつやイライラ、不安や恐怖で落ち着きがない時等に飲用すると心身を安定させてくれます。

>セントジョーンズワートの詳細ページはこちら

 

6)チェストツリー

chesttree
チェストツリーはホルモン中枢である脳下垂体に作用し、女性ホルモンのバランスを調整する作用があるので、更年期障害、生理痛、PMS(月経前症候群)などの症状に有効です。

>チェストツリーの詳細ページはこちら

 

7)フェンネル

fennel
フェンネルはエストロゲン(女性ホルモン)の類似作用があるので、月経痛、PMS(月経前症候)、更年期障害を緩和、改善してくれる効果があります。

>フェンネルの詳細ページはこちら

 

8)マジョラム

marjoram
マジョラムは抗不安、沈静、制淫作用があるので、心身を安定させリラックスさせてくる効果があります。また、筋肉痛や頭痛にも効果があるとされています。

>マジョラムの詳細ページはこちら

 

9)マリーゴールド

marygold
マリーゴールドはエストロゲン(女性ホルモン)の類似作用があるので女性特有の更年期障害、PMS(月経前症候群)に有効なハーブです。

>マリーゴールドの詳細ページはこちら

 

10)メリッサ(レモンバーム)

melissa
メリッサには抗うつ、鎮静、血圧降下、抗菌、抗ウイルス作用があり、子宮を強壮する作用も持っています。
不安や緊張、イライラするときや不眠などの時、心身をリラックス、精神安定したい時に飲用すると有効です。

>メリッサの詳細ページはこちら

 

11)ヤロウ

achillea-millefolium
ヤロウにはステロールという成分が含まれており、これが更年期障害やPMS(月経前症候群)の改善に有効とされています。また抹消血管を広げる作用があるので高血圧予防にも効果的です。

>ヤロウの詳細ページはこちら

 

12)ラベンダー

lavendar
ラベンダーは優れた鎮静作用があり、ストレス、不眠症、偏頭痛などをやわらげる効果があります。また消化不良、神経性の胃炎や胃腸の不快感などにも効果があると言われています。

>ラベンダーの詳細ページはこちら

 

13)リンデンフラワー

linden
花と苞の部分(リンデンフラワー)には優れた鎮静作用があり、不眠症の方にとても良いとされています。
また血圧を下げる働きがあるといわれており、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞などの予防に有効です。

>リンデンフラワーの詳細ページはこちら

 

14)レディスマントル

radys-mantle
レディスマントルは古くからあらゆる婦人病に良いとされ、PMS、生理不順、更年期障害の症状などの緩和及び改善に効果的です。また優れた収斂作用により、下痢や胃腸炎も和らげてくれます。

>レディスマントルの詳細ページはこちら

 

15)レッドクローバー

red-clover
レッドクローバーはイソフラボンとエストロゲンを含んでいるので、老化、骨粗しょう症、生活習慣病など女性特有の更年期症状を予防や緩和するのに有効です。

>レッドクローバーの詳細ページはこちら

 

美味しいハーブティーの入れ方(1人分)

Pouring Tea
※フレッシュハーブもドライハーブも基本的には同じです。

1)ティーカップ(約150~180ml)とティーポットにお湯を注いで
  あらかじめ温めてます。

2)ドライハーブなら小さなスプーン山盛り1杯、フレッシュハーブなら、
  スプーン3杯をポットに入れます。
  ※フレッシュハーブはドライハーブの約3倍が目安です。
   またフレッシュハーブは、ティーポットに入れる前に軽く洗って
   よく水気を切ります。
   そして指でちぎって細かくして入れます。

3)沸騰させた熱湯を、ポットに注ぎます。

4)ポットにふたをして、3~5分ほど蒸らします。
  ハーブが、底に沈んできたらできあがりです。

5)目の細かい茶こしでこしながら、カップに注ぎます。

同僚
以上、ティータイムで楽しいひとときをお過ごし下さい♪

2016/10/21